【しっかりと休養を取ることが大切】鬱病を改善させる方法を紹介

精神科通院でよくなる病気

ドクター

心の病気の治し方

日本のバブル崩壊直後あたりから増えてきた心の病気で鬱病があります。これは、様々な要因によって引き起こされる病気です。鬱病になるきっかけとしては大学受験や就職活動がうまくいかなかったり、学校や会社で受けたストレスが原因になったりと色々なきっかけがあります。この病気がやっかいな事は、風邪などと違い短期で治す方法がないということです。鬱病は自分一人で治そうとしてもなかなか治りません。鬱病の患者さんに根性がないからとか怠け癖があるからという見方をする人がいますが、そういう人達は幸いにも鬱病になった事がない人達です。まず鬱病という心の病気が存在し、原因は患者本人によるものではないという事、また他の病気と同じように患者さんは苦しんでいるのだということを世間が認めなければ患者さんの症状は治りにくいということを理解するべきです。鬱病の治療に関しては、精神科や心療内科の専門医にみてもらうことが一番早く治療できる方法です。診療内科にしても精神科にしても専門医はどのようなカウンセリングをするべきか、またどのような薬を処方するべきかよく知っています。鬱病は治りにくい病気ですが完治できない病気ではないのです。但し、治療せずに放っておくと必ず悪くなる病気ですから注意が必要です。専門医にみてもらう際、セカンドオピニオンをお勧めします。これは担当医だけの診察を受けるのではなく、別の専門医の診察も受けて治療していくという方法です。鬱病の診察はとても難しい上に、医者との相性がとても大切です。二人の専門医の意見を聞くことにより、より自分の心の中で症状回復の幅が広がっていきます。以前は一人の担当医だけの診察を受ける方法が一般的でしたが、一人の担当医しかいないと患者はその担当医に依存することになり、治療が間違った方向に進んでいっても気づきません。今ではセカンドオピニオンは医療の中で浸透していますので、専門医と話すときセカンドオピニオンも受けていることをはっきり言っても問題ありません。精神科や診療内科に通いセカンドオピニオンを受けることが治療への早道です。

Back to Top